交通事故6

交通事故にあった時には、相手に対して電話をかける事はあります。主に謝罪する為に、電話する訳です。ただし状況によっては、電話をかけない方が良い事もあります。相手が勘違いしてしまう可能性もあるからです。明らかにこちらに非がある時は電話する方が良いですが、その際には相手に謝ることになります。

電話をかける前に、きちんと準備しておくのが望ましいです。

電話で相手に謝るべき理由

車7

交通事故があると、相手が負傷してしまう事があります。相手の車と激しく衝突してしまい、相手が大怪我をしてしまうケースもあります。もしも自分に明らかな非がある時は、相手に対して電話をかけるのが望ましいです。

事故になった時は、相手とは示談になる事も多いです。

状況によっては、法的手続きを踏む事もあります。ただ問題は量刑です。自分に非がある時は、刑を科せられる可能性もあります。どのような量刑になるかは、相手に対する誠意次第です。そもそも事故を起こしたにもかかわらず、相手に対する謝意の念が皆無なのは問題です。

明らかに自分に非があるにもかかわらず、全く反省の気持ちが見られないと、量刑が重くなってしまう可能性があります。逆に相手に誠意を見せれば、軽くなる可能性もある訳です。負傷させられた相手からすると、全く誠意が無ければ、気分を害してしまいます。

その場合は、加害者側にとっては不利な状況になってしまいかねません。被害者が気分を害してしまうと、示談に応じてくれない可能性もあります。面倒な事態になってしまいますので、電話で謝罪するのは大いに意味があります。

被害者側に電話するのは義務なのか

ちなみに加害者に明らかな非がある時でも、被害者に電話する事は義務付けられていません。電話するか否かは、加害者本人が判断する事になります。しかし明らかに非があれば、基本的には電話しておく方が望ましいです。

相手とは初対面なので電話する

また交通事故は、たいてい相手とは初対面になります。それだけに、相手が寛大に対応してくれる確率は低いです。交通事故を起こした当日は、相手と対面でやり取りする事になります。事故現場で、直ちに相手に謝る事も多いです。

当日に対面で誠意を見せる事自体は、確かに大切です。しかし対面していても、相手とは初対面になります。相手と対面した回数は1回だけですし、親密な人間関係が構築されている訳でもありません。しかし改めて電話で謝罪しておくと、相手に対する印象が変わる可能性もあります。

その結果、相手が寛大に対応してくれる可能性もあるので、電話する方が望ましいです。

電話するのは控える方が良い事も

交通事故11

では交通事故の後は、「必ず」電話する方が良いかと言われれば、しない方が良い事もあります。電話してしまうと、逆効果になる事もあるからです。というのも交通事故は、必ずしも自分だけが悪いとは限りません。相手に悪い点がある事も、少なくありません。

つまり「どちらに非がある」かは、少々微妙な状況です。その場合は、むしろ電話するのは控える方が望ましい事もあります。例えば自分に少々非があると考えて、相手に電話したとします。ところが電話する相手によっては、少々気持ちが高ぶっている事もあります。

なぜか相手から怒られてしまう事もある訳です。相手に怒鳴られてしまうと、何とか謝罪する為に焦ってしまう場合があります。それに相手が勘違いするリスクもあります。電話をかけた結果、相手は「向こうから謝罪してきた以上、私は何も悪くない」と思い込んでしまう可能性も否定できません。

その状態になると、交渉は難しくなってしまう傾向があります。「私は全く悪くない」と思い込んでいるので、たとえ保険会社を通じて示談交渉を試みても、難しくなってしまう事もあります。状況によっては、相手からお金を請求されてしまいかねません。

交渉が不利になると考えられる場合は、かえって電話しない方が良いでしょう。

交通事故で足切断!その後どうなるの?

微妙な時は保険会社に相談する

ただ「どちらに非があるか微妙」な時は、果たして電話すべきかどうか迷ってしまう事もあります。その場合は、保険会社に相談する方が無難です。なぜなら交通事故に関わる保険会社は、色々な状況を経験しています。電話も例外ではありません。

ですから保険会社に相談してみると、客観的に判断してくれる事も多いです。保険会社の担当者が状況を確認し、「相手には電話しないでください」とアドバイスしてくれる事もあります。

電話する時間帯は要注意

なお電話には、いくつか注意点があります。例えばタイミングです。基本的には、事故の翌日に電話する方が良いでしょう。事故が発生してから1週間経過しても、全く電話しないのは望ましくありません。相手が気分を害してしまう可能性もあるからです。

「明らかに相手に非があるのに、謝罪の電話も全く無い」と思われてしまうと、色々不利になってしまう可能性があります。また事故の当日も、基本的には電話を控える方が無難です。なぜなら事故当日は、相手も家族も気持ちが混乱しています。

事故にあったショックで、落ち着いて話をするのが難しい事も多いです。ですから電話をかけるのは、事故翌日にしておくと良いでしょう。それと時間帯も要注意です。もちろん早朝や深夜に電話するのは、望ましくありません。

眠っている最中ですと、迷惑電話になってしまう可能性があります。ですから事故当日には、電話可能な時間帯を確認しておく方が無難です。

何度も電話するのは禁物

それと電話の回数です。例えば電話してみたものの、相手は電話に出ませんでした。それで改めて電話するのは良いですが、あまり何回も電話をかけるのは禁物です。

あまり回数が多ければ、やはり迷惑電話になってしまう可能性があります。

なかなか電話がつながらない時は、保険会社に相談してみる方が良いでしょう。

電話で伝える内容

ちなみに電話で伝える内容ですが、主に4点あります。まず電話の冒頭で、相手に対して謝罪の言葉を伝えます。その後は、相手に対する気づかいです。「あの後、どこか痛み出していませんか」などと気遣いの言葉をかけると、相手の気持ちが和らぐ可能性もあります。

そして3点目は、事故処理に関する簡単な報告です。保険会社を通じて対応している場合は、その旨を相手に報告する方が良いでしょう。そして最後に、もう一度謝罪の言葉を投げかけます。以上の4点を踏まえて電話する訳ですが、マニュアル通りに話すのは、あまり望ましくありません。

淡々と話すのではなく、あくまでも心を込めて自分の言葉で話すのが望ましいです。その話す内容も、事前に準備しておく方が良いでしょう。話す内容をメモにまとめておく方が、話もスムーズになる事が多いです。